屋根工事の施工事例

神奈川県大和市 屋根塗装 シーリング工事 ウレタン防水工事

  • Before

  • After

担当からのコメント

経年劣化していた屋根板金の補修のご依頼をきっかけに、屋根塗装のご依頼をいただきました。
屋根板金、屋根材の劣化が進行していて、メンテナンスが必要な状態でした。
屋根板金のジョイント部分のシーリングは劣化し、飛散や雨漏りの原因となってしまう状態でした。
大型台風にゲリラ豪雨など、近年屋根不具合になる異常気象は、住人にとって、すごく気になるところです。
そんな不安を解消していただき、安心してお過ごしいただけるよう、しっかり板金部分のシーリング工事、及び塗装工事をしました。
まずは、高圧洗浄にて、屋根にこびりついた汚れやカビを徹底的に除去していきます。
塗装をする前に、外壁や屋根に付着した汚れやカビを、しっかりと落とす事により、塗料の密着性がよくなります。
施工完了後、少しでも綺麗な状態を保つために、高圧洗浄作業がとても大切な作業になります。
高圧洗浄作業完了後、まずは、屋根板金ジョイント部分の劣化した既存シーリングを全て撤去しました。
内側のゴミなども全て除去し、綺麗な状態になったら、新しいシーリング材を打設します。
ヘラで形を整え養生を撤去し施工完了となります。
棟板金のめくれにより、接合部分にすき間が発生していた部分は、新しいものに交換しました。
新しい棟板金に交換した部分も、棟と棟との接合部分の合わせをしっかりとコーキング材で処理して、すき間のないように固定しました。
最後にケレン作業で、塗装をする前に下地処理しました。
ケレン作業を行う事により、下地との密着が高まり、塗装がきれいに仕上がります。
錆止めを下塗りして耐久性をさらに高めていきます。
板金の補修が終わったら、プライマーで下塗りに入ります。
屋根材の表面を強化し、下地をつくっていきます。
中塗りは、上塗り塗装効果を発揮するためにムラなく適量を塗っていきました。
割れてしまっていた部分は、新しい屋根材を設置しました。
こちらは塗装する事により、交換した部分がわからなくなります。
最後に上塗りです。
使用した塗料は耐候性に優れたヤネMシリコンで、とても光沢のある仕上がりになりました。
裏口付近の階段部分は、ひび割れ、黒カビなどの汚れが発生していたので、ケレン作業で、汚れを丁寧に落とし、下塗りのプライマーで廊下、階段を塗布し、ウレタン防水塗料を塗りました。
その後トップコートを塗り、防水性を高めました。
ウレタン防水は、防水層が軽量なので、建物に負担を掛けることなく施工できます。

施工内容屋根塗装 シーリング工事 ウレタン防水工事
使用材料ヤネMシリコン
工事日数14日間

神奈川県の屋根工事、塗装工事・防水工事専門店
サウスウェーブ
https://kanagawa-gaiheki.com/
住所:神奈川県横浜市都筑区池辺町3463-103

お問い合わせ窓口:050-3196-3752
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://kanagawa-gaiheki.com/case/
お客様の声 https://kanagawa-gaiheki.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://kanagawa-gaiheki.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://kanagawa-gaiheki.com/contact/


神奈川県のお客様の声

屋根工事の施工事例

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

神奈川県横浜市の自然災害や罹災状況について

神奈川県の自然災害や罹災状況について

横浜で寒冷前線による風雨被害(2010年9月8日)
日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、住家半壊・一部破損236棟、住家床上浸水62棟、住家床下浸水176棟、山がけ崩れ12箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風9号)(2010年9月8日)
県内では8日昼前から西部で、昼過ぎからは東部で雨が強まり、所により1時間降水量が50㎜を超える非常に激しい雨が降った。負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風18号)(2009年10月8日)
最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、負傷者17人、住家半壊・一部破損53棟、住家床上浸水15棟、住家床下浸水96棟、山がけ崩れ14箇所、他に道路損壊、農業被害、水産業被害、交通障害、停電。