屋根工事現場レポート

鎌倉市 外壁塗装 下地調整工事 無料見積もり

2019年7月2日更新

下地調整

鎌倉市にて外壁塗装の下地調整工事を行ってきました。

 

今回のお施主様宅は丸太をふんだんに使用したログハウス風の建物になります。

 

そのため通常の外壁塗装の工程とは少し違う流れの工事になりますが何といっても大事な工程が下地調整になりますね。

 

外部にふんだんに使用された丸太には木部用の塗料を塗装しますが通常のペンキとは違って丸太に浸透していくタイプの塗料になります。

 

下地調整でしっかりとささくれなどを撤去しておくことは最終的な仕上がりにも大きく影響してきますしペーパー掛けで細かな傷を均一につけることも大事な目的のひとつになります。

 

丸太に付いた細かな傷に塗料が染み込んでいくので下地調整の工程は均一で丁寧な作業が必要になります。

 

外部の木材に使用する塗料の中には防腐剤が入っているので同じ塗料を室内でも使用することはほとんどありません。

 

ただし、外部の木材と室内が接する玄関ドア周りや窓回りなどは色が変わってしまうと並んだ部分で微妙な違和感を感じてしまうこともあります。

 

同じメーカーでなら外部用と内部用の塗料で同じ色を販売していることがよくあるので塗装する木材や場所に合わせた最適な塗料選びも塗装業者として重要なポイントになりますね。

 

★M★

 


神奈川県の屋根工事、塗装工事・防水工事専門店
サウスウェーブ
https://kanagawa-gaiheki.com/
住所:神奈川県横浜市都筑区池辺町3463-103

お問い合わせ窓口:050-3196-3752
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://kanagawa-gaiheki.com/case/
お客様の声 https://kanagawa-gaiheki.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://kanagawa-gaiheki.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://kanagawa-gaiheki.com/contact/


神奈川県のお客様の声

屋根工事の施工事例

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

神奈川県横浜市の自然災害や罹災状況について

神奈川県の自然災害や罹災状況について

横浜で寒冷前線による風雨被害(2010年9月8日)
日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、住家半壊・一部破損236棟、住家床上浸水62棟、住家床下浸水176棟、山がけ崩れ12箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風9号)(2010年9月8日)
県内では8日昼前から西部で、昼過ぎからは東部で雨が強まり、所により1時間降水量が50㎜を超える非常に激しい雨が降った。負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風18号)(2009年10月8日)
最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、負傷者17人、住家半壊・一部破損53棟、住家床上浸水15棟、住家床下浸水96棟、山がけ崩れ14箇所、他に道路損壊、農業被害、水産業被害、交通障害、停電。