屋根葺き替え

屋根のひび割れ

屋根のひび割れ
瓦割れ・剥がれ

瓦割れ・剥がれ
漆喰剥がれ

漆喰剥がれ

雨漏りが起きてからでは、工事費用は高くなります。
そうなる前に早めの点検をおススメします

早めの点検をおススメします

屋根の葺き替え工事は、既存の屋根を剥がし、新しい屋根に葺き替える工事です。屋根のリフォーム工事の中でも、一番メリットが多い工事でもあります。
ただ、費用もその分高くはなります。しかし、今後のメンテナンスを考えると、安くつく場合もありますので、屋根の状況とお客様のご要望を伺ったうえでご提案しております。

屋根葺き替え工事のメリット

30年以上の耐久性

30年以上の耐久性

屋根材はもちろん、その下に隠れている野地板、防水シートまで交換できるため、長い耐久性が期待できます。先々、塗装などで定期的にメンテナンスすることを考えれば、結果的に安くなる場合もあります。

屋根の軽量化で耐震対策

屋根の軽量化で耐震対策

屋根を軽量化することは、地震にも強くなります。屋根が重いほど、建物は揺れやすくなり、家の柱や基礎などの骨格部分にかかる負担も、それに比例して大きくなります。

屋根が美しくなる

屋根が美しくなる

お住まいの外観もとても重要ですよね。屋根は普段見えにくいものの、家のイメージを決めるポイントになります。近年はおしゃれな屋根の工事も増えてきています。

  • 長期的にメンテナンスコストは安い
    屋根材の種類 目安となる年数
    瓦屋根 50年
    スレート屋根 30~40年
    金属屋根 20~50年

    屋根は10年に一度のペースで塗装などのメンテナンスが伴います。しかし、葺き替えの場合は、メンテナンスコストが安く済むため、長い目で見れば得になることもあります。
    また、雨漏りの心配が一番なくなる工事とも言えますね。

  • 屋根葺き替えで地震に強い家に
    30坪の住宅の例

    屋根の重さが1/10になります。

    日本瓦は耐久性が高く、屋根材として非常に優れていますが、重量が重いという欠点があります。屋根材が重いと、建物の重心が高くなり、揺れが大きくなってしまいます。
    そこで、近年は瓦屋根からスレートや金属への葺き替えを希望される方が増えています。軽い屋根材なので、建物の重心が低くなり、耐震性を高めることができます。

  • 屋根が美しくなる
    屋根が美しくなる

    屋根にはいろいろな種類があり、日本瓦、セメント瓦、スレート屋根、金属屋根など、いろいろな屋根材があります。当社は、瓦屋根の葺き替えも、金属屋根や、スレート屋根もすべて対応可能です。また、各メーカー、デザイン性の高い屋根材もあります。
    葺き替えをご検討の際は、デザイン屋根もご検討されてもいいと思いますよ。

屋根葺き替えの費用について

  カラーベスト・コロニアルの
葺き替え
ガルバリウム鋼板への葺き替え
屋根材本体とその施工費用 4,000~5,000円/㎡ 5,500~7,500円/㎡
既存屋根の撤去・廃棄 2,000~3,000円/㎡ 2,000~3,000円/㎡
下地工事(増し張り) 2,000~3,500円/㎡ 2,000~3,500円/㎡
防水シート(ルーフィング) 500~1,000円/㎡ 500~1,000円/㎡
役物工事(部位別) 1,000~3,000円/m
(軒先水切り、棟包み、ケラバ、雨押え、壁捨て板など屋根の形状や内容により異なります。)
1,000~4,000円/m
(軒先水切り、棟包み、ケラバ、雨押え、壁捨て板など屋根の形状や内容により異なります。)
合計(消費税別) 10,000円~15,000円/㎡位 12,000円~18,000円/㎡位
その他に掛かる費用 雪止め、発生廃棄物・搬入費・諸経費・足場代など 雪止め、発生廃棄物・搬入費・諸経費・足場代など
一棟一棟、状況によって費用は異なりますので、詳細についてはお見積り致します。 屋根外壁0円点検・無料見積りをご利用下さい。
本当に今工事が必要なの?!
どんなご質問にも、他店では教えてくれなかった話も 正直に、丁寧にご説明します!

一級建築施工管理技能士が、住まいの外装を細部までチェック!

工事の流れ

  • STEP
    1
    屋根材の撤去と野地板の増し張り
    屋根材の撤去と野地板の増し張り

    屋根の葺き替え方法をご紹介します。
    まず、既存の屋根材を撤去します。その際、元々あった防水紙も撤去します。その後、屋根の下を強くするための、野地板を張ります。

  • STEP
    2
    ルーフィング工事
    ルーフィング工事

    新しい防水紙を野地板に敷設します。野地板の上に防水紙を敷き詰めていきます。その際、軒先から棟に向かって敷いていくのですが、この様な手順て行うことで、仮に雨が瓦の下に入り込んでも屋内には浸入しないのです。

  • STEP
    3
    屋根材の設置と貫板と棟鈑金の設置
    屋根材の設置と貫板と棟鈑金の設置

    屋根材の設置、貫板と棟鈑金の設置をします。棟は雨水が侵入しやすい箇所なので、しっかり施工をしないと雨漏りを引き起こす原因になります。

  • STEP
    4
    雪止めの設置
    雪止めの設置

    今回は雪止めの設置も行いました。

  • STEP
    5
    屋根の葺き替え完了
    屋根の葺き替え完了

    葺き替え完了です。屋根の重量も軽くなったので地震対策になります。当店は施工後も安心、最長15年の保証が付いています。

葺き替え以外の

屋根リフォーム

屋根カバー工法

既存の屋根材の上に、防水シート、屋根材を被せる工法です。既存の屋根材の処分費用も掛からず、コスト的には安くなりますが、屋根自体は重くなるため、建物をみてご提案しております。

屋根塗装

屋根材の劣化がそこまで進んでいなければ、屋根塗装もおススメです。コスト的も安く、遮熱塗装などで快適さもプラスできます。また、色もきれいになりますので、築10~15年でしたら、おススメです。

   

神奈川県のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

神奈川県横浜市の自然災害や罹災状況について

神奈川県の自然災害や罹災状況について

横浜で寒冷前線による風雨被害(2010年9月8日)
日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、住家半壊・一部破損236棟、住家床上浸水62棟、住家床下浸水176棟、山がけ崩れ12箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風9号)(2010年9月8日)
県内では8日昼前から西部で、昼過ぎからは東部で雨が強まり、所により1時間降水量が50㎜を超える非常に激しい雨が降った。負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風18号)(2009年10月8日)
最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、負傷者17人、住家半壊・一部破損53棟、住家床上浸水15棟、住家床下浸水96棟、山がけ崩れ14箇所、他に道路損壊、農業被害、水産業被害、交通障害、停電。