塗料について

どんな住まいでも
「これは大丈夫」
という塗料はありません。

外壁塗装に使う塗料は、種類が豊富で、それぞれにメリットデメリットがあります。「どの家にもこの塗料が⼀番最適です!」ということは、⼀概にお伝えできません。
外壁・屋根の状態、お客様のご希望、ご予算などによって最適な塗料は変わってきます。
そのため、神奈川塗装工業では、多くの種類の塗料を取り扱い、その中からお客様のお家に最適な塗料と施⼯方法をご提案しています。

塗料の種類と特徴

塗料の種類 耐久年数 詳細
アクリル塗料 5〜7年 合成樹脂の一種。コストパフォーマンスの高い塗料ですが、ウレタンなどと比べて汚れやすく耐久性に劣るというデメリットがあります。
ウレタン塗料 7〜10年 汚れにくく色褪せにくい塗料ですが、耐久年数で見るとシリコンやフッ素、セラミック無機塗料より劣ります。
シリコン塗料 10〜15年 屋根や外壁の塗装で最も一般的な塗料です。汚れにくく色褪せにくいという特長があり、さらに防カビ性・防藻性の面で高い性能を発揮します。
ラジカル制御式 13〜16年 最近出てきた塗料で、施⼯も増えてきた塗料です。シリコンと同等以上の耐久性を発揮します。塗料樹脂の劣化因⼦であるラジカルの発⽣を抑制し、劣化の進⾏を抑える顔料を使⽤しています。
フッ素塗料 15年〜 高い耐久年数を誇る、高性能な塗料です。かつては、主に商業施設やビルなどで使用されていましたが、汚れにくく光沢感があるため、最近では一般住宅の外壁用としても使われています。
ピュアアクリル塗料 15年〜 高耐久性でありながら防水に必要な高弾性を有しており、壁にひびが⼊りにくいという特徴もある非常に優れた塗料です。通常のアクリル塗料とは別物です。
光触媒塗料 15年〜 太陽の光で汚れを浮かせて、⾬(水)で汚れを洗い流す⾃浄作⽤がある塗料です。耐久性、防汚性ともに高い塗料ですが費⽤⾯は高くなりがちです。
無機系塗料 15〜25年 合成樹脂の⼀種。コストパフォーマンスの高い塗料ですが、ウレタンなどと⽐べて汚れやすく耐久性に劣るというデメリットがあります。
UVプロテクト
クリアー塗料
10〜12年 デザイン性の高い(外壁材)サイディングボードの美しさをそのままに⻑持ちさせます。外観を変えたくない時に最適です。
遮熱・断熱塗料 10〜12年 下塗り・上塗り材にも高い反射性能で遮熱効果を発揮して、表⾯温度の上昇を抑制します。したがって、エアコンの温度設定を緩和できるため、省エネや電気代の節約につながります。

塗料⼀つとっても、これだけの種類があります。私たちは、お客様に最適な塗料をおススメする際に、当然お客様のご要望をお聞きします。
「お客様のお住まいの外壁材、屋根材に合う塗料はなにか」「費⽤を安く抑えたいのか」「生活環境を大事にしたいのか」「保証をつけたいのか」など、様々な観点からお伺いします。そのうえで、そこからお客様の地域の環境であったり、あと何年ぐらい住み、目先のコストを下げるのか、トータルコストを下げるのかまでを考慮した上で、お客様に最適な提案をさせていただきます。

目的別オススメ塗料

こんな症状がでたら、まずは点検を!

瓦の割れ、ズレ

瓦の割れ、ズレ

屋根のサビ、色あせ

屋根のサビ、色あせ

屋根の歪み、剥がれ

屋根の歪み、剥がれ

雨どいゆがみ、外れ

雨どいゆがみ、外れ

屋根は築8~12年たったら、
一度点検をお勧めしています。

本当に今工事が必要なの?!
どんなご質問にも、他店では教えてくれなかった話も
正直に、丁寧にご説明します!


一級建築施工管理技能士が、住まいの外装を細部までチェック!

   

神奈川のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

横浜市の自然災害や罹災状況について

神奈川県の自然災害や罹災状況について

横浜で寒冷前線による風雨被害(2010年9月8日)
日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、住家半壊・一部破損236棟、住家床上浸水62棟、住家床下浸水176棟、山がけ崩れ12箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風9号)(2010年9月8日)
県内では8日昼前から西部で、昼過ぎからは東部で雨が強まり、所により1時間降水量が50㎜を超える非常に激しい雨が降った。負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風18号)(2009年10月8日)
最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、負傷者17人、住家半壊・一部破損53棟、住家床上浸水15棟、住家床下浸水96棟、山がけ崩れ14箇所、他に道路損壊、農業被害、水産業被害、交通障害、停電。