エスケー化研 プレミアムシリコン ラジカル制御式

2021年7月19日更新

劣化の原因TOP3を防ぐ
「エスケープレミアムシリコン」

紫外線・酸素・水による劣化をガード!

劣化の原因TOP3を防ぐ「エスケープレミアムシリコン」
劣化の原因TOP3を防ぐ「エスケープレミアムシリコン」
劣化の原因TOP3を防ぐ「エスケープレミアムシリコン」

従来の汎用塗料は紫外線、酸素、水などの影響で塗膜の中に劣化因子(ラジカル)が発生し、結合材として使用される樹脂の結合が破壊され、塗膜が劣化します。その劣化因子を発生、増加させる原因の一つが、顔料として一般的に使用される無機酸化物です。

無機酸化物は通常表面処理を施されており、ラジカルの発生を抑制していますが、エスケープレミアムシリコンではその表面を高緻密無機シールド層と高緻密有機シールド層でダブルでガードすることにより、その発生をさらに抑制します。

また、超耐候形特殊ハイブリッドシリコン樹脂は劣化因子を捕捉し、塗膜の劣化の進行を抑制。長期的な保護効果を示し、塗膜の耐候性を向上させます。この3つのトリプルガード効果により住まいを長期に亘り守ります。

エスケープレミアムシリコン 
3つのメリット
~ 劣化因子を抑制する塗料 ~

1 メンテナンスコストが抑えられる

メンテナンスコストが抑えられる

劣化に対してこだわりを持って作られたのがエスケープレミアムシリコンです。
通常の塗料は寿命が10年とされていますが、エスケープレミアムシリコンは約5年の寿命があります。
つまり、30年間という期間で見たときに従来の塗料は3回の塗り直しが必要な所エスケープレミアムシリコンは2回で良いのです。

2 汚れに強い

エスケープレミアムシリコンは特殊設計により、汚染物質に強い作りになっています。
塗装することで、大気中の汚染物質から外壁や屋根を守ってくれます。
またカビなどの微生物を防ぐ作用もあります。

汚れに強い
汚れに強い

3 ツヤツヤの仕上がりに

従来の水性塗料よりも、エスケープレミアムシリコンは、超微粒性物質が入っており、より艶の出る仕上がりになります。
艶が出るということは、撥水性にも優れており、塗膜にとっての劣化原因である水や汚れに強いということです。
また、塗り替えて艶があると、家全体を新しく感じることができます。

ツヤツヤの仕上がりに

一般塗料

ツヤツヤの仕上がりに

エスケープレミアムシリコン

お手頃価格な高機能塗装
~ エスケープレミアムシリコンは優れたラジカル塗料 ~

エスケープレミアムシリコンは、ラジカル塗料の中でも非常に高機能な塗装です。
シリコン塗料と同等くらいの金額ではありますが、寿命が従来の塗料よりも長く、汚れに強いのが特徴です。
あまり費用はかけたくないけれど、出来れば可能な限り手間も省きたいという方に是非オススメです。


神奈川県の屋根工事、塗装工事・防水工事専門店
斎藤リフォーム
https://kanagawa-gaiheki.com/
住所:神奈川県横浜市緑区鴨居7−20−13

お問い合わせ窓口:050-7587-2775
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:神奈川県全域

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://kanagawa-gaiheki.com/case/
お客様の声 https://kanagawa-gaiheki.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

⇒有資格者による屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://kanagawa-gaiheki.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?どんな塗料がいいの?業者はどうやって選べばいいの?

⇒どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://kanagawa-gaiheki.com/contact/


神奈川県のお客様の声

屋根工事の施工事例

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

神奈川県全域の自然災害や罹災状況について

神奈川県の自然災害や罹災状況について

横浜で寒冷前線による風雨被害(2010年9月8日)
日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、住家半壊・一部破損236棟、住家床上浸水62棟、住家床下浸水176棟、山がけ崩れ12箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風9号)(2010年9月8日)
県内では8日昼前から西部で、昼過ぎからは東部で雨が強まり、所により1時間降水量が50㎜を超える非常に激しい雨が降った。負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風18号)(2009年10月8日)
最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、負傷者17人、住家半壊・一部破損53棟、住家床上浸水15棟、住家床下浸水96棟、山がけ崩れ14箇所、他に道路損壊、農業被害、水産業被害、交通障害、停電。