工事業者の選び方②:
営業マンの「今日決めてくれたら、安くします」の裏事情。

2019年3月15日更新

今日決めてくれたら安くします
「今日決めてくれたら、●●円でいいですよ」
こんなフレーズは、買い物シーンではよくある話。これそのものは、悪いことではありません。
安くできてうれしいですし、得した気分にもなりますよね?
リフォーム業者も同じです。各社営業マンが、セールス活動の中でそんなフレーズが飛び出すことは、何も悪いことではないのです。
ただ、気を付けなくてはいけないシチュエーションもあります。

Point.1 

飛び込み営業の見積りには要注意

飛び込み営業の見積りには要注意
飛び込み営業の見積もりには、要注意です。
理由は簡単です。お客様から頂く工事費用の中に、「工事しない飛び込み営業マンの人件費が含まれているから」です。
 
飛び込みをしている会社が悪いとは言いません。しかし、経営上、従業員を雇って飛び込みをさせていたら、その分の人件費がかかります。
 
見積金額の中に、その人件費が含まれていることは、明らかです。

Point.2 

大幅値引きには要注意

大幅値引きには要注意
安くするのはありがたいことですが、当初の提示金額から、大幅に下がる場合、注意が必要です。
なぜなら、値段が下がるということは、利益を大幅に含む見積だった、ということです。
 
逆に考えると非常にわかりやすいです。150万円の見積もりが今日決めるなら100万円といわれた、ということは、100万円でも、利益があるから、それでやるのです。
 
つまり、当初の金額は50万円以上の利益を含めて出していた金額、ということになります。
 
もっと言えば、実際の工事の価値は100万円以下、ということになります
 
値下げの理由もいろいろあるとは思いますが、まずはその値下げ幅に注意してください。

Point.3 

即決で考える余地を与えない

即決で考える余地を与えない
即決を迫るも一つの理由が、考える余地を与えないということです。
一度決めてしまってから、やっぱりやらない、やっぱり他の施工店にするということは言いにくいですよね?
また、一度提案を保留にしてしまうと、ほかの営業会社から横やりが入り、成約率が下がることも理由の一つです。
 
即決を迫る営業マンの一番の理由はそこです。もちろん、会社から、数字のプレッシャーがあったりと、背景はいろいろあるとは思いますが・・・。
 
一生懸命な営業マンをみると、つい、いい返事をしたくなるお気持ちはわかりますが、毎日住む、ご自身のお住まいです。しっかり考えて、見極めて頂きたいと思います。
厳しいお話ですが、営業マンがいかに巧みであっても、そこの会社と契約することを決めるのはお客様です。
一生懸命な営業マンをみると、つい、いい返事をしたくなるお気持ちはわかりますが、それでお客様が後悔することになるのは、本末転倒です。

神奈川県の屋根工事、塗装工事・防水工事専門店
神奈川塗装店
https://kanagawa-gaiheki.com/
住所:神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2613-A

お問い合わせ窓口:050-3196-1450
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:神奈川県横浜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://kanagawa-gaiheki.com/case/
お客様の声 https://kanagawa-gaiheki.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://kanagawa-gaiheki.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://kanagawa-gaiheki.com/contact/


   

神奈川県のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

神奈川県横浜市の自然災害や罹災状況について

神奈川県の自然災害や罹災状況について

横浜で寒冷前線による風雨被害(2010年9月8日)
日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、住家半壊・一部破損236棟、住家床上浸水62棟、住家床下浸水176棟、山がけ崩れ12箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風9号)(2010年9月8日)
県内では8日昼前から西部で、昼過ぎからは東部で雨が強まり、所により1時間降水量が50㎜を超える非常に激しい雨が降った。負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風18号)(2009年10月8日)
最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、負傷者17人、住家半壊・一部破損53棟、住家床上浸水15棟、住家床下浸水96棟、山がけ崩れ14箇所、他に道路損壊、農業被害、水産業被害、交通障害、停電。