神奈川県横浜市 屋根カバー工事

2021年7月23日更新

横浜市のお住まいで屋根カバー工事を行いました。

屋根カバー工事は、耐久性こそ葺き替えに劣るものの、廃材があまり出ないことで処分費用が少なくて済む、
屋根が二重になることで遮音・遮熱性能が高まる、工期が短いといったメリットがあります。

ただ、どんな屋根にもカバー工法ができるわけではないので、まずはご相談いただけたらと思います。

今回はスレート屋根の上にアスファルトシングルを重ね葺きしていきます。
アスファルトシングルは軽いので、カバー工法のデメリットである屋根の重量にも影響が少ないです。

まずは屋根板金を剥がします。この上から下地、屋根材の順に重ねていきます。

これがアスファルトシングル。
表面に施された自然石や色合いがオシャレですよね!カラーバリエーションも複数ありますので、お好みのお色を選んでいただきました。

屋根材を貼ったら、貫板、棟板金と固定をして工事完了です。

「違う家に引っ越したみたい!」と奥様の嬉しそうなお声を聞けて、こちらも大変安心しました。


神奈川県の屋根工事、塗装工事・防水工事専門店
斎藤リフォーム
https://kanagawa-gaiheki.com/
住所:神奈川県横浜市緑区鴨居7−20−13

お問い合わせ窓口:050-7587-2775
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:神奈川県全域

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://kanagawa-gaiheki.com/case/
お客様の声 https://kanagawa-gaiheki.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

⇒有資格者による屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://kanagawa-gaiheki.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?どんな塗料がいいの?業者はどうやって選べばいいの?

⇒どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://kanagawa-gaiheki.com/contact/


神奈川県のお客様の声

屋根工事の施工事例

神奈川県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

神奈川県全域の自然災害や罹災状況について

神奈川県の自然災害や罹災状況について

横浜で寒冷前線による風雨被害(2010年9月8日)
日本海を急速に発達しながら北東進した低気圧からのびる寒冷前線が本州を通過し、関東地方では、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった。日最大瞬間風速 横浜22.2m/s、住家半壊・一部破損236棟、住家床上浸水62棟、住家床下浸水176棟、山がけ崩れ12箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風9号)(2010年9月8日)
県内では8日昼前から西部で、昼過ぎからは東部で雨が強まり、所により1時間降水量が50㎜を超える非常に激しい雨が降った。負傷者3人、住家半壊・一部破損5棟、床上浸水18棟、床下浸水315棟、山がけ崩れ80箇所、その他に道路損壊、農業被害、交通障害、停電など。


横浜で台風、猛烈な雨と強風(台風18号)(2009年10月8日)
最大瞬間風速 横浜28.7m/s、総降水量 横浜208.0㎜、負傷者17人、住家半壊・一部破損53棟、住家床上浸水15棟、住家床下浸水96棟、山がけ崩れ14箇所、他に道路損壊、農業被害、水産業被害、交通障害、停電。